グリーン購入法とは

国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(H12)
国の公的機関が率先して環境物品等(環境負荷軽減に資する製品・サービス)の調達を推進するとともに、
環境物品等に関する適切な情報提供を推進することにより、需要の転換を図り、持続的発展が可能な社会の
構築を推進することを目指しています。
また、国等の各機関の取り組みに関することのほか、地方公共団体、事業者及び国民の責務などについても
定めています。



グリーン購入基本原則

  1. 「必要性の考慮」→購入する前に必要性を十分に考える。
  2. 「事業者取り組みの考慮」
  3. 「環境情報の入手・活用」
  4. 「製品・サービスのライフサイクルの考慮」
    • 環境汚染物質等の削減
    • 省資源・省エネルギー
    • 天然資源の持続可能な利用
    • 長期使用性
    • 再使用可能性
    • リサイクル可能性
    • 再生材料等の利用
    • 処理・処分の容易性

 目安にして欲しい環境ラベルの一例です

リサイクルだけでなく、再生から廃棄までのライフステージを通して環境への負荷を減らす商品につけられるマーク。
古紙パルプ配合率を示す自主的なマーク。左の例では。古紙パルプ配合率100%再生紙を使用していることを示しています。
FSC(森林管理協議会)の規定に従い、適切に管理されていることを認証された森林から得られた木材や木材製品につけられるマーク。郡山市『環境基本計画[改訂版]の冊子は、FSC認証紙を使用しています。
パソコンなどのOA機器について、待機時の消費電力に関する基準を満たす製品につけられるマーク。
省エネ法に基づき定められた省エネ基準をどの程度達成しているのかを示すマーク。省エネ基準を達成している製品には緑マークが、達成されていない製品には桜色のマークが表示されます。
   


詳しく知りたい方は・・・